このページの本分へジャンプします 周南市立図書館 各図書館の総合案内
TOP > お知らせ

 
トップページ
図書館の利用ガイド
各図書館のご案内
行事・展示などの案内
開館日のご案内
移動図書館の巡回日程
予約はこちらから
貸出・予約状況の確認
新しく受け入れた本
雑誌一覧
新聞一覧
予約ベスト
貸出ベスト
郷土資料ギャラリー

周南市ホームページへ


中央図書館 新南陽図書館 熊毛図書館 鹿野図書館

2・3月の図書館行事
 中央図書館
   〜 展示 〜 
 2月
図書館資料貸出展示
「おんな城主 直虎」
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  中央図書館  1階エントランスコーナー
 内容  NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が、「直虎」と勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かい、自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描きます。関連図書を集めて紹介し貸出をします。
図書館資料貸出展示
「ハッピー バレンタイン」 
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  中央図書館 1階カウンター前書架
 内容   2月14日のバレンタインデーは日本でもすっかり定着した行事となりました。チョコレートを贈る習慣というのは日本特有の文化です。最近では、愛する人はもちろん、家族や友人、仕事でお世話になった人へ“愛”や“感謝の気持ち”を伝える日になっています。チョコレートに関する本や大切に想う気持ちが伝わる絵本を集めました。
図書館資料貸出展示
「日本の伝統・文化再発見」
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  中央図書館 1階カウンター前書架
 内容   2016年に日本を訪れた外国人の数は約2404万人。前年と比較すると21.8%増加しました。今後もさらなる増加が見込まれます。そこで日本のよさを再確認するために、日本の伝統・文化に関する本を集めました。
図書館資料展示
「江戸時代のお正月」
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  中央図書館 2階展示コーナー
 内容   正月とは、その年の豊饒を司る年神様をお迎えする行事です。旧暦正月一日は現在の暦で二月中旬にあたります。正月料理や「具足餅の儀(鏡開き)」、「鶴の包丁式」など、江戸時代の正月行事について萩藩毛利家を中心に紹介していきます。 
 
ページの上へ
   〜とくやま読書会〜  毎月第1木曜日(定例)


読書会の風景 日時  2月2日(木) 9時40分〜11時30分
場所  中央図書館 
課題図書
タイトル  強父論
著 者  阿川 佐和子
出版者  文藝春秋
 
ページの上へ
 
 〜 としょかんお話し会 〜 毎月第2土曜日(定例) 


日時  3月14日(土) 10時30分〜11時30分
場所  中央図書館 
 内容   絵本の読み聞かせ など
 出演   朗読講座生
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682 
 
ページの上へ
 
    〜漢詩を読む会〜 毎月第3火曜日(定例) 会員制


期日  2月21日(火)  
時間  10時00分〜12時00分 (午前の部)
 13時30分〜15時30分 (午後の部)
場所  中央図書館 3階集会室
講師  小松 英生さん (元徳山高専教授)
内容  午前の部…「漢詩のこころを読む」
 午後の部…「白楽天の詩を読む」
定員  各 80人 (受け付け順)
受講料  年額 3,000円 (資料代など)
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682  
 
ページの上へ
 
  親子らいぶらり〜 毎月第4水曜日(定例


日時  2月22日(水) 10時00分 〜 11時00分
場所  中央図書館 3階集会室
内容  広い部屋で子どもを遊ばせながら、ゆっくりと育児書や料理本、絵本などを選んで借りることができます。
 子ども向けの動く絵本(DVD)の上映もあります。
対象  3歳までの乳幼児とその保護者
 参加料   無料
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
 
ページの上へ
 
            〜 英語絵本の読み聞かせ会〜  
        “ネイティブの英語で絵本を聞いてみよう!”                
            
 日時   2月18日(土)13時00分〜14時00分 
     場所    中央図書館
 内容  英語教師による英語絵本の読み聞かせ
 対象   小学1年生 〜 6年生
 定員  30名まで (受け付け順)
 参加料   無料
 主催   国際ソロプチミスト徳山 
問合せ   
 中央図書館 電話0834-22-8682 ファクス0834-27-1466
         Eメール toshokan@city.shunan.lg.jp
 
 
ページの上へ
 
〜  朗読カフェ in 図書館 


 日時   2月25日(土) 14時00分 〜15時30分
 場所   中央図書館 2階視聴覚室 
 定員   30人程度 (※申込み不要)
 内容   お茶を飲みながら朗読を聞く (テーマは親子)
 参加料   無料 (※お茶代は別途100円、お茶の持参も可)
 問合せ   中央図書館 電話 0834−22−8682
 
 ページの上へ
 
 新南陽図書館
 
   〜 展示 〜  
図書館資料貸出展示
「落語指南」
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  新南陽図書館 入口展示コーナー
 内容  落語との距離感がグッと縮まるような親しみやすい入門書を集めました。味わいのある美しい言葉にどうぞ触れてみてください。
図書館資料貸出展示
「さかなの本」 
 期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
 場所  新南陽図書館 児童コーナー
 内容  ふぐは縁起の良い魚とされ、2月9日を下関ふく連盟が「ふくの日」に制定しました。ふぐは海の魚ですが、川や池に住むたくさんの魚たちの本も展示しています。
 
 
ページの上へ 
 
 〜短歌をつくる会〜 毎月第2金曜日(定例)

日時  2月10日(金) 10時00分 〜 12時00分
場所  新南陽図書館
 内容  図書館資料を参考に、短歌を作成
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 
   〜くんちゃんおはなし会〜 毎月第2土曜日(定例)

日時  3月11日(土) 14時00分 〜15時00分
場所  新南陽図書館
内容   紙芝居・絵本の読み聞かせ
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
   〜古文書を始める会〜 毎月第2水曜日(定例)

日時  2月8日(水) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
 内容   古文書を基礎から学ぶ勉強会
 参加料   1,000円程度 (テキスト代)
 問合せ   新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 〜あけぼの読書会〜 毎月第3金曜日(定例)

日時  2月17日(金) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
内容    図書館の書籍を使用した読書会
参加料   無料
問合せ    新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ 
 
 〜学校図書館を考える会〜 毎月第3土曜日(定例)

日時  2月18日(土) 10時00分 〜12時30分
場所  新南陽図書館
内容    学校図書館について考える会
参加料    無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
 
 ページの上へ
 
 熊毛図書館
 〜よみきかせの会〜 毎月第2土曜日(定例)

よみきかせの会風景 日時  3月11日(土) 10:30〜11:30
場所  熊毛公民館 (ゆめプラザ熊毛内)
内容    紙芝居・絵本の読み聞かせ
問合せ  熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
  〜おりがみの時間〜 毎月第2土曜日(定例)


 日時   2月25日(土) 10時30分 〜11時30分   
 場所   熊毛図書館 親子読書コーナー
 主催   熊毛図書館及びボランティア
問合せ    熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
 鹿野図書館
 展示 「近代小説の世界(その1)」 〜 岩崎文庫から


図書館所蔵資料展示
「近代小説の世界(その1)」 
〜岩崎文庫から

  資料の解説:島根大学 
           田中則雄 教授
期間  2月1日(水) 〜 2月26日(日)
場所  鹿野図書館 1階展示ケース
内容 鹿野図書館では、所蔵している「岩崎文庫(岩崎家蔵書)」の展示公開(一部)を始めました。「岩崎文庫」は、鹿野で代々製薬業を営んでいた岩崎家が伝え残した、江戸中期から明治初期にかけての書籍1,058点により構成されています。保存状態が良く、書籍のジャンルが多彩であること、また、岩崎家伝来のものであることや、蔵書印・署名・書き込みがあるなどの特徴があります。当時の生活や文化はもちろんのこと、岩崎家の学問や教養を偲ばせる資料の数々をぜひご覧ください。
ページの上へ

トップページへ戻る
Copyright(C) Shunan Municipal Library